シングルマザーで色々と疲弊しちゃってる女が台所で野球のコーチにぎゅっと抱きしめられて……


 

 

シングルマザーで色々と疲弊しちゃってる女が台所で野球のコーチにぎゅっと抱きしめられて……【イメージ画像1】

8歳の小学生の息子と二人暮らしのシングルマザーです。
主人とは、5年前に離婚子供は、今年から少年野球のチームに入り、そして私は、そのチームにコーチに来て下さっている大学生のKクン(20歳)と身体の関係を持ち始めています。
 

きっかけは、本当に偶然でした。

 

ート帰りの買い物の途中でコーチのKクンとばったり会って、少しの立ち話の中で息子の事や、家庭(シングル)の事など話しまた逆に、彼が一人暮らしのしていてその日も慣れない自炊の買い物に来ていてなどと聞いて「それじゃあ今度、私が作って差し上げましょうか?」というふうにあくまでも、息子がお世話になっている御礼のつもりで言ったのです。
 

そうしたら、もの凄いテンションで喜んでくれて勢い流れで、翌日(平日の日昼)に彼のアパートにお邪魔してお料理ついでに“案の定“ちらかっていたお部屋の掃除ただ、その辺までは純粋な感謝と体は大きくても、世話の焼ける年下の男の子に対する母性本能のつもりしか無かった筈でしたけれどたまっていた洗濯物の中に、コーチの汗の匂いやそして、大きめのシャツや、久しぶりに触れる男性の下着を見て(やっぱり・・男の人なんだわ‥)と秘かに思わされました。
私の作った料理を、一緒に食べながらやはり、私の一番の興味は息子の野球の上達具合や、周りに打ち解けているのか?という話題になりましたが彼の口から「センスも良いし、頑張り屋ですよ」と言って貰えると親馬鹿でしょうが、やっぱり嬉しさを隠せません。
 

 

して、食事の後片付けをして台所にいた時最中いきなり背後から「お母さんは、いつ“女“になってるんですか?」と抱き竦められてしまって「ま、待って」と言おうにも「本当は、男手が必要なのはT(息子)クンよりも、お母さんの方でしょ?」そう言われながら、エプロン越しに胸を揉まれてまた、お尻にもスカート越しにしばらく味わっていない圧迫感を与えられて「ダメ‥ヤメテ‥そんなつもりじ」言っても、相手は若くて、しかも体力のあり余ったスポーツマンです。
「私みたいなおばさんに、そんなHな事を・・・」
「奥さんぐらいの年齢が一番の熟れ時じゃないですか!一番美味しいモノを頂きますよ」キッチンに両手をつかされたまま、服をはだけさせられて久しぶりというよりも別れた主人や、それ以前の恋人にだってされた事のないシチュエーションで、私自身初めてとなる年下男性からありったけの精力を注ぎ込まれながら愛されました。
 

それから、コーチとの情事がはじまりました若い男性に抱かれるのってこんなに素敵な事だと思いもしませんでした

シングルマザーで色々と疲弊しちゃってる女が台所で野球のコーチにぎゅっと抱きしめられて……【イメージ画像2】

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す