ゴミ捨て場にあえて自分のシミ付パンティを捨てることでエロい罠を仕掛ける近所の痴女おばさんw


 

 

ゴミ捨て場にあえて自分のシミ付パンティを捨てることでエロい罠を仕掛ける近所の痴女おばさんw【イメージ画像1】

ミを出しの日に、外に出たら五十路の近所のおばさんに会った。
おばさんは黒い小袋を持っていた。
 

若い人は知らないかもしれまんせが、昭和時代は黒いビニール袋でもOKでしたそのビニール袋はパンパンに膨れていた。

 

になって聞いてみると、要らなくなった下着を捨てるそうだ。
 

おばさんは袋をゴミ箱に入れると去り際に「H君(16)、袋あさっちゃだめよ」と言っていった。
俺はおばさんが見えなくなった後、その袋を家に持ち帰った。
 

 

ゴミ捨て場にあえて自分のシミ付パンティを捨てることでエロい罠を仕掛ける近所の痴女おばさんw【イメージ画像2】

は前から肉付きのいい年増のおばさんが好きだった。
そのおばさんの下着が手に入って、心臓のドキドキが止まらない。
 

袋を開けてみると、黒や紫のパンティが大量に入っていた。

 

枚一枚匂いを嗅いでいると、一枚だけクロッチが濡れているのがあった。
 

よ~く匂いを嗅いで触ってみると、糸が引くくらいネバネバ、ヌルヌルしていた。
俺は我慢できず、おばさんのシミ付きパンティを口に入れた。
 

 

中、おばさんのマン汁の味でいっぱいになった。
俺はすぐにズボンとパンツを下ろし、チンチンを握った。
 

すると家のチャイムが鳴った。

 

はすぐにズボンを上げ玄関に向かった。
 

戸を開けるとあのぽっちゃりおばさんが居た。
俺は何もなかったかのように「どうしたの?」と言うとおばさんは「私の下着でいけないことしてたでしょ?」と言ってきた。
 

 

は惚けたがおばさんは家の中に入ってきた。
二階にある俺の部屋に向かって階段を上がっていった。
 

俺はおばさんの後を追い掛けた。

 

るとおばさんがパンティを履いていないことに気がついた。
 

しかも太ももにはマン汁らしきものが流れていた。
部屋に着くなり、ベッドの上に広げたおばさんの下着を見られた。
 

 

は無我夢中でおばさんをベッドに押し倒した。
おばさんは抵抗することなく、俺のチンチンを受け入れた。
 

俺は5分もしないうちにおばさんのマンコに射精した。

 

精したにもかかわらず、俺のチンチンはまだ勃起していた。
 

おばさんが「H君のチンチンまだ元気ね!おばさんのマンコにもっと入れなさい」と言ってくれた。
俺は言われるがままに、おばさんのマンコに入れまくった。
 

 

終的におばさんのマンコに8回も射精した。
それからおばさんは、中出しさせてくれるようになった。
 

どうやら、この淫乱痴女なおばさんのHな罠だったようだ全部お見通しで、俺とSEXしたかったらしい俺もおばさんとSEXしたかったし、おばさんがHな罠を仕掛けてくれてよかった

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す