痴漢なんてものはAVかフィクションのお話の中だけだと思っていたら東京の満員電車で痴漢に遭ってしまいました……

痴漢なんてものはAVかフィクションのお話の中だけだと思っていたら東京の満員電車で痴漢に遭ってしまいました……【イメージ画像1】

海道出身の私は、今まで満員電車というものを体験したことがありませんでした。
しかし、夫と結婚し、仕事の関係で東京に引っ越す事になり、人生初のラッシュアワーという超満員電車を経験しました。
 

もうギュウギュウ詰めでこんなに電車の中に人間って乗れるの?ってぐらいでカルチャーショックでした。

 

して、私、28歳の時、人妻になって人生で初めて満員電車で痴漢にあったのです。
 

それまでは痴漢なんかテレビや夫とたまに夫婦の営みのエッセンスにするAVだけの世界だと思っていたのにそれは東京に来て始めて通勤電車に乗ったときの事です。
あまりの混雑に私は息苦しくて倒れそうなくらいでした。
 

 

痴漢なんてものはAVかフィクションのお話の中だけだと思っていたら東京の満員電車で痴漢に遭ってしまいました……【イメージ画像2】

はコートの下にチェックのミニをはいていたのですが、しばらくしてコートの前の隙間に男の人の手が滑り込んできたのです。
そして太股を触りながらパンストの上から恥ずかしい部分を撫で回してきました。
 

気が動転してなにもできないまま、早く駅に着くのを願っていました。

 

ころがその男性は今度はミニスカートを捲り上げてパンティの中まで触ってきたのです。
 

私は必死に我慢していましたが、延々とあそこを愛撫されているうちにだんだんと興奮してきて濡れてきたのです。
どうしようもなかったのです。
 

 

を入れられクリトリスを丹念に刺激されているうちにその男性によりかかるようになり声が出ない様に顔をふさぎながら抱き付くような格好になっていました。
あそこは恥ずかしいほど濡れていました。
 

そしてとうとう我慢できずにアクメまで導かれてしまいました。

 

理矢理とは言え夫を裏切った事に変わりはありません。
 

夫以外の愛撫に感じてしまい、おまけにイッテしまったのですから。
これが東京の痴漢なのね・・・と私は東京の恐ろしさを目の当たりにしました。
 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す