セックスを不潔だと思っていた貞淑な人妻を中出し性処理奴隷のメス犬調教


 

 

ところがある日、夫が、ある日の夜、Kの子供がおじいちゃんの家に泊まりにいった晩、夫が突然襲ってきたのでした。
生真面目な夫ですからおそらくヤリたかったのでしょう。
 

年に数度、襲ってくるそうです。
Kは夫とのセックスで目覚め始めた快感がやってくるのではないか、恐れていました。
 

しかしそれは杞憂に終わったようです。
Kはいつものように夫に「夫婦なので性器を貸した」だけで終わったようです。
 

夫婦の時間をもっても私とつきあい始める以前と同様にまったく感じない、夫が暗闇の中で勝手に体の上で動いておわったということです。
時々、夜遅く帰る妻に「もしかしたら」と疑念を抱いていた夫も完全に疑いはなくしたようです。
 

そりゃそうです。
夫たる自分が抱いて感じない妻は不感症にきまっています。
 

もしそうじゃなかったら男としての誇りが音をたててくずれていきます。
夫として一番考えたくない、認めたくないことじゃないですか。
 

みなさんもそうでしょう?でも翌週、Kは私に抱かれにきました。
Kはホテルにはいると「はやくいれてください。」といいます。
 

そうです。
もはや彼女には前戯なんてものは必要はないのです。
 

ホテルに行くというだけで、すでに体は受け入れる準備ができているし、夫との乾いたセックスのせいか、濡れ始めたアソコに無理に受け入れるのが好きなのです。
スカートをめくりあげ、パンストを破り、下着をずらしたままゆっくりと太くなった私の肉棒で犯します。
 

もう尻をあげるポーズにもずいぶんなれてきたようです。
すんなりとはいります。
 

奥までいれると歓喜の声をだし、出し入れすると、「ほしかったの、これがほしかったの。」と腰を強く押し付けながら訴えます。
 

私はセクシーな尻をたたきながら、「旦那のくされチンポを受け入れたここを俺のチンポで清めてやる。」とえぐるように腰をつきいれます。
 

あいかわらず手で握られているような締まり具合です。
途中で抜き取り、フェラチオを強要します。
 

Kは「どうしてもおしゃぶりしないといけないの?」といいます。
「できなければ、いれてあげない」と断言するとKはあきらめ少しだけしゃぶりました。
 

初日はそれでよしとし、今後も毎回しゃぶることを誓わせます。
それからまたぎっちりと一時間以上、いろんな体位で楽しみ、最後は腹に出しました。
 

そこで私はいいました。
「俺のためにピルを飲め。中に出してほしいだろう。」「考えてみるわ」といったところでその日のデートは終わりました。
 

それから日々、ケータイメールでピルはどうなったか聞いていると、とうとう彼女は産婦人科にいってもらってきたのです。
それを飲み始めてから一ヶ月、私はKに会いませんでした。
 

「今度会った時は中に出してあげる。」なんてことでしょう。
 

彼女は夫ではなく、私のために隠れてピルを飲んでいるのです。
私がいつもささやく、「ところかまわずセックスして中に出したい」という夢を実現するために毎日飲んでいるのです。
 

今でも毎日飲むたびに私のことを考え、背徳感と快楽を思い出し複雑な気分なんだそうです。
おそらくKの周囲の人が知ったら卒倒するでしょう。
 

とてもそんなピルを飲むどころかヘンタイの浮気相手がいるおうには見えない貞淑な女ですから。
そしてピルを飲んで一ヶ月たった日がきました。
 

久しぶりにKに会いソッコーでラブホテルに行きました。
医者によくいわれており、妊娠の恐怖はないようです。
 

部屋にはいるなりいきなりスカートをめくりあげます。
黒いパンストはいつもどおりですが、細いイヤラシイ下着をつけています。
 

聞くとネットの通販で買ったようです。
「どう、似合う?」と聞くので、「いかにもぶっこんでくださいといわんばかりのイヤラシイ下着だよ。」と誉めながらいつものようにバリッとパンストを破り、下着をずらしていきなりハメます。
 

Kはパンストを破られること、いきなりハメられることに被虐的な喜びを感じているのです。
腰を動かしながらさらにパンストを破ります。
 

もう使い物にならないのに「イヤァ」といってます。
「こうされたほうが燃えるんだろ。この淫乱な尻は」といいながらピシピシ叩いてやります。
 

赤くなってくるにつれKも感じているのです。
こういう興奮状態で叩いてもそれは痛みというより快感のようですね。
 

マゾ女性が叩かれて感じるのは痛いのが好きという人もいますが、多くのマゾ女性は興奮状態で普段は十分痛みを感じるくらいの刺激が、調度よいという人が多いのではないでしょうか。
もちろん簡単に快感を与えません。
 

途中で抜き取りKの前に仁王立ちになって命令します。
「さあ、口で奉仕するんだ」一度咥えているので抵抗はしませんがあいかわらずヘタです。
 

玉をもめ、竿を下からしゃぶりあげろ、強めに吸え、とプレイというより授業のように教えこみます。
今まで一度もチンポを咥えたことのない人妻が、遅れを取り戻すかのように熱心にフェラチオの練習をしているのは、征服欲を満たしてくれます。
 

次に壁に手をつかせてまたバックからハメます。
乳首をいじめながら後ろから耳元で、「こうやってところかまわずやってやるからな。」と囁くと、「イヤ」といいますが、アソコはキュッとしまります。
 

そろそろオスの刻印を押したくなりました。
早く腰をふり、付き捲ります。
 

Kの腰をグッとつかみ前後に激しく動かします。
まるで自分のオナニー道具のように使ってやります。
 

とうとう射精しました!さすがに中出しは快感に脳が痺れますね。
あまり射精経験のないKは「出たの?」と聞いてきます。
 

(これが最近は、たくさん出たわね、というまでになりました。)「とうとう思い切り中に出してあげたよ。イヤラシイなぁ。」Kに終わったら男性のものをティッシュで拭くことを教えます。
 

まったくどんな旦那なんでしょうか。
Kの股間からはザーメンが垂れてきません。
 

Kは非常に締まりがいいのでダラッとは出てこないようです。
休憩して雑談しているうちにもう一度したくなり、しゃぶらせます。
 

「また!」といいながらも口の中でみるみる大きくなるペニスに女として喜びを感じたようです。
熱心に教えたとおりにしゃぶります。
 

口から抜いて、またハメます。
「旦那に何度もされたことはないのか。」「ないわ。そんな何回もできるなんて知らなかった」「壊れるまで使ってやるからな」「イヤァ」といいながらKも腰を振ります。
 

結合部はさっきのザーメンでイヤラシイヌメヌメ感がありニチャニチャすごい音をたてています。
イヤな予感がしましたがかまわず続け、2度目なので遠慮なくまた出しました。
 

はずすとやっぱり、ザーメンがカプチーノ状態で真っ白な泡となっています。
さんざん人妻のマンコを犯しまくった満足感で風呂にはいりました。
 

最初にKの露出調教をしたのは、酒を飲んだ後に某公園に酔い覚ましと称して散歩にいったときでした。
暗がりでは人妻も大胆になり積極的に腕をからませてきます。
 

人気のない林の奥のベンチに座りキスをします。
舌と舌をからめあい唾液をすすりあうような濃厚なキスを教えたのは私です。
 

耳や首筋を噛まれると電流のような快感が走ることを教えたのも私です。
「おまえは俺のおマンコ奴隷だ」と繰り返し囁き、今では自ら、「私はあなたのおマンコ奴隷よ」といい淫らにあそこを濡らすように調教したのも私です。
 

そういうKですからベンチに座ったところでただですむとは今や思っていません。
最初はベンチでのフェラチオから始めました。
 

咥えるまでは「人がくる」とか「誰かに見られてるよ」とか抵抗していましたが、いったん咥えるともう夢中です。
男性器を口で愛撫していることに興奮しています。
 

オマンコを触るともうヌルヌルです。
旦那が相手では決して濡れることのないオマンコが、私のチンポを咥えるともう受け入れ準備OKなのです。
 

「さあ、俺の上に乗るんだ」「だめよ。人がくるわ。こんなところでなにを考えているの」「ほしくてしょうがないくせに。ほら」と私はKを立ち上がらせパンストとパンティを一気にずりおろし、私の股間に腰掛けるようにさせ貫きます。
 

「ハァウ」というため息と共にもうKは抵抗できません。
私の思うままに腰をふります。
 

このころはまだピルを飲んでいませんでしたので射精はしませんでしたが、私は人妻のKに屋外プレイを教え込んだことで十分満足でした。
次のプレイは某百貨店の地下駐車場でした。
 

Kをつれていく途中で「こんなところになにかあるの?」と聞きます。
「あるさ。快楽がね。」と駐車場の影でやはりスカートをめくりあげ下着を引き下げ車に手をつかせバックからズコズコ突き捲りました。
 

人がいないのをいいことにブラウスまでめくりあげ、ほとんど裸にしてやりますが快楽から逃れられません。
私がはなすまでなすがままです。
 

こうして数回屋外での経験をすると、Kはそれはそれで楽しみにするようになりました。
ピルを飲んでからはエスカレートする一方です。
 

雑居ビルの屋上、公園ところかまわずフェラチオ、ファック、中出しです。
正直、屋外での人妻への中出しは脳が溶けそうな快感です。
 

私もやめられません。
Kが社会生活を送っている周囲の人、夫はきっとこういうKの姿をみたら気絶するでしょうね。
 

だんだん男の味を覚え、全身が女らしい丸みをおびてきたKをさらなるヘンタイにするべく、私が教えこんだのがアナルセックスです。
そうです。
 

いまや旦那ではまったく感じない女が、私の前では「アナルも犯して」というほどの淫乱になっているのです。
そもそも最初、バックで犯したときに少しだけ広がっているアナルを見て、容易にアナルセックスできそうだと予想はしていました。
 

太い糞は出るのになかなかアナルセックスができないのは精神的緊張で固くなってしまうからです。
最初に風呂で自分でほぐすように命令していました。
 

そうやってアナルを扱うことに抵抗感をなくすのです。
セックスする度に前日にアナルをほぐしたかどうか聞き、やっていなかったら「はい」というまで尻を叩きます。
 

そうやってK自身で指2本くらいがはいるようになったところで、私が指で一度犯しました。
その次のデートではついにペペの登場です。
 

ペペを塗りたくり、ゆっくりとアヌス周辺かをもみほぐします。
Kは「ヘンな感じ」とはいっていますが拒否はしません。
 

アナルを犯されるという背徳感のためオマンコはヌルヌルです。
両方に指をいれたりしましたが、感じませんね。
 

この肉壁をコリコリしてあげると狂ったように感じる女性とKのようにあまり感じない女性がいるのはなぜでしょうか。
それはそれでゆっくりと指をいれ、2本にしました。
 

それでアナルのあちこちをかきまわします。
きれいにしただけあって余計なものはついてきません(笑)十分ほぐれたところで私のペニスにもペペをつけ、「さあ、お尻をつきだして」といって押し込みます。
 

ググッといった感じで入る途中で、「さぁ、息をはぁーっと吐いて」といって緩んだところでスポンとはいります。
「ほら、はいったよ。Kは俺にアナルの処女をささげたんだよ。」Kは恐怖におののきながらも耐えています。
 

少しだけ用心しながら動きます。
ここで痛みを覚えると再度の挑戦はむつかしくなりますから。
 

じょじょに動きます。
「どうだい。感じる?」「出そうな感じなの。でもヤッて」さらに動きます。
 

「もう、ゼンゼン平気だよ。もう少し動いていい?」と大きく動かします。
 

突然、Kがまるでオマンコを犯されてるような声を出します。
「感じるの?」「大きく動くと感じる」ということで最初のアナルセックスなのに普通のセックスのように突くことになってしまいました。
 

もちろんフィニッシュはアナルです。
「出していい?」「出して。アナルにいっぱい出して。」その声を聞きながら果ててしまいました。
 

Kはアナルに出たのがわかったそうです。
アナルでセックスをし、射精までされてしまうというヘンタイプレイをKは大好きになりました。
 

今ではデート(=セックス)するとき必ず一回はアナルも訪問してあげないとお尻が物足りないそうです。
アナルというと実はニューハーフの方を調教したこともあります。
 

体が男性でもアナルだけでイクことができるようです。
私はいつかマゾのご夫婦のアナルを両方とも犯してみたい、という妄想をもっています。
 

昨晩も露出調教してきました。
旦那は酔いつぶれて寝ているところを夜中の11時に呼び出しすのです。
 

Kと子供、旦那は別室に寝ていろということで呼び出しました。
一応、コンビニのアイスは持って帰らせましたが(笑)夜中ということもあり生足、ノーパン、ノーブラで来させました。
 

「こんな時間にこんな用事で出てくるなんて私、頭ヘンだわ。」とぼやいております。
 

はいはい、色ボケしてるのは確かですよね。
人気のない街を歩きます。
 

でも歩いている理由はセックスして見つからないところを探しているんです。
ヘンタイですね。
 

だからわざといいます。
「あそこだと見つからないかなぁ。あ、浮浪者のおじさんがいる。見られてもいいか。」「声だしちゃダメだよ。」もうKは期待ですでにグチャグチャです。
 

とある川べりのビルの陰にひっぱり込みました。
川向こうのビルにはブラインドは閉じられていますが電気がついています。
 

「ダメよ。あそこから見えちゃう」「いいじゃないか。お前がヘンタイ泣きしてるところを見てもらおうぜ。こんな暗がり絶対見えないさ」私は壁にもたれKの頭を下におします。
 

「しゃぶれよ。」慣れたKは旦那には絶対しない、私に教えこまれたフェラチオの淫技を繰り出します。
 

私が喜ぶようにチュバチュバ音を立ててしゃぶります。
舌で根元から先端に向けてしゃぶりあげたり玉をもみながら熱心にやります。
 

もうハメて欲しいのでしょう。
Kを立ち上がらせいきなりスカートをめくりあげ、即座にハメます。
 

いつものように前戯なんてものはKはわずらわしく感じるだけなのです。
とにかくファックが大好き。
 

いったいどこまでヘンタイになるのでしょうか。
Kがいいます。
 

「あー、これが欲しかったの。」腰に手をあて自分のオナニー道具のようにズコズコ突き立てます。
 

ホテルでヤルよりもすごい締まりかたです。
風が少し吹いてなんだか最高です。
 

スカートのボタンを徐々にはずし床に落とします。
シャツをどんどんまくりあげ、もうほとんど全裸です。
 

「K、道端で裸にされてヤラれるのはどうだい。」「いわないで、感じちゃう。もっと突いて」尻をぐっと突き出し腰を押し付けてきます。
 

こうなると貞淑な人妻も単なるメス犬です。
バックから突き立てます。
 

ときどき、敏感な乳首をいじめながら。
とうとう射精感がきました。
 

「でそうだ。出していいか。」「いいわ。ザーメンいっぱい、いっぱいちょうだい。マンコに思い切りだして。」いつもいわせているようにいいます。
 

旦那のチンポはよせつけもしないくせに、私のザーメンは前後の穴で搾り取るだけ絞りとりたいそうです。
そのために毎日、ピルを飲んでいるのですから。
 

「いくぞ。」ドクドク、すごい快感です。
 

ちょっとの間、ボーっとしてしまいます。
離れるとKがバッグからティッシュを出し拭いてくれます。
 

旦那のチンポは絶対に触らないのに私のチンポは丁寧に拭きます。
気持ちよくしてくれて、たっぷり射精してくれてとてもうれしいのだそうです。
 

Kは軽く拭いただけでいつものように漏れず、大慌てで服を着てその場を立ち去りました。
コーヒーを飲んで別れました。
 

ケータイメールに「すごい快感。またしよ。」と入ってきました。
 

今や私専用の性欲処理女です。
オナニーをしたいこともあるのですが、その前に彼女がザーメンを絞り取っていってしまいます。
 

なにも知らん旦那はきっとオナニーでもしてることでしょう。
Kに現場をおさえろ、とけしかけているのですが。
 

30歳台の女がその年から男を覚えてもずいぶんかわるものです。
出会ったころは暗い堅い感じで、抱いてもゴツゴツしている感じでした。
 

ところがいまや化粧が若干濃くなったものの以前より若やぎ体には以前より脂がのりやわらかくなっています。
抱くと男に甘えるしぐさも覚えてきました。
 

セックスはありとあらゆる体位を教え込み、もとから締まりのよかったオマンコも磨きがかかり私のチンポの形にえぐられています。
いつでも中出しできるようピルを毎日飲んでいます。
 

それはセックスレス夫婦の旦那のためではなくご主人様の私のためです。
アナルの感度もよく、自ら肛門を見せアナルセックスをおねだりします。
 

私とのデートの時はいつでもどこでもハメてもらえるようにガーターストッキングに紐パンです。
会ったら私のパンツから自分でチンポを取り出し、「オチンポ様をください。」と挨拶してから旦那のは直視したことも触ったこともないのに私のものは喜んでほおばり、教え込んだ男を喜ばせる技を駆使できるようになりました。
 

しゃぶらせることが彼女にとっては前戯ですから、すでに濡れそぼり、即座にブチこまれることに喜びを感じるようになりました。
ケータイメールで一日に3,4通は、「調教して」「オチンポがほしい」「たっぷりザーメン射精して」と人目に触れたら生きていけないような、どんなエロ小説よりもエグイ表現の卑猥なメールをやり取りし、一日の半分はセックスのことを考えています。
 

最低、週に一回はザーメンを中出しされています。
露出、軽いSMでたいへん興奮するように仕込まれヘンタイ的なことには今や性欲むきだしで積極的です。
 

命令すればぶっといディルドウをフェラチオし、卑猥なポーズで自分のオマンコにつきたてオナニーを披露します。
欠点は途中で本物の肉棒にむしゃぶりついてしまうことですが。
 

外見は淑女っぽくおとなしくしていても、本当はこんなに淫乱な生活をしているのですからどうしてもエロな雰囲気が漂っているようです。
今まで会ったこともない電車で痴漢に会ったり、コンビニでナンパされたり、会社でも特におじさんがイヤラシイ目つきで見ていたり、実際に不倫旅行を持ちかけてきたりするのです。
 

今まで下心をもった男にちやほやされたことがないのでとまどい気味ではあります。
でも、まだまだカップル喫茶、スワップ、複数の男に奉仕したり、マゾ男を飼育させたり、たっぷりと淫乱な経験豊富な女に仕立てあげていくつもりです。
 

女は変わりますね。
旦那にはあいかわらず妻は不感症の女だと思わせておかねばなりませんが・・・

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す