不倫相手とのセックス三昧生活を夢見て離婚した主婦がそれを本気で後悔している今の心境を語る

不倫相手とのセックス三昧生活を夢見て離婚した主婦がそれを本気で後悔している今の心境を語る【イメージ画像1】

は47歳ですが、今本当に困っているんです数年前、夫と離婚しました。
原因は、私の浮気です。
 

詳しくはカキませんが浮気したのも元々は夫のせいなんです。

 

は退屈な男性で一緒にいるとストレスがたまり不満だらけだからちょっと他の男性とSEXして日頃のストレス発散していただけなんですそして、私達夫婦には高校生の息子と中学生の娘がいました。
 

離婚は、私が体一つで家を出ることで成立し、私は、浮気相手の男性(A)と暮らし始めました。
趣味の豊かな新しいパートナーとの幸せな生活が始まるはずでしたが、実際には、期待外れの煉獄の様な生活になりました。
 

 

不倫相手とのセックス三昧生活を夢見て離婚した主婦がそれを本気で後悔している今の心境を語る【イメージ画像2】

体的には、1つ目は、経済的な行き詰まりです。
私は、毎年更新の臨時雇用でしたが、A以上の収入を得ていました。
 

契約更新の時、元の夫に代わる保証人を求められ、Aを保証人にしたのですが、更新を断わられました。

 

フレコの説明で、「取引先の社員」である元の夫が保証人だったから毎年更新していたのだと言われました。
 

Aに説明すると、Aはひどく不機嫌になりました。
2つ目は、Aの両親と親類との関係です。
 

 

Aに連れられて、Aの実家の法事に参加し、紹介されたのですが、ひどい扱いを受け、途中で帰えらざるを得なくなりました。
3つ目は、Aの態度の変化です。
 

私が、求職に頑張っている時、「豪華な居間に置いてあった時は、りっぱな家具だと思っていたけど、ある日、粗大ゴミ置き場に捨てられているのを見たら、ただの中古の家具だった、なんて事あるよね?」そんな酷いことを言われ、私が詰め寄ると、「仕事の取引先に、元夫の自称友人が何人も居て、成績が上がらない。
元の夫に頼んでこい!」そんなことまで言い始めました。
 

 

にもいろいろあり、Aとの関係は、すっかり冷めてしまいました。
娘は、母である私を拒絶していますが、息子は、月に1回、頼めば会ってくれます。
 

愚かな相談だと自覚しています。

 

りふれた馬鹿なおばさんのよくある相談かもしれません。
 

でも、今が人生を修正する最後のチャンスかもしれません。
実は、元の夫と復縁し、元の家族に戻りたいのです。
 

 

も年でおばさんだし後数年五十路になってしまうし・・このまま年齢を重ね60歳を迎えた時どうなっているかそれを考えると怖いんです息子にも、その旨を懇願し、どうすればいいのか相談しました。
息子からは、まず、離婚の時の元の夫への態度の逆をする様言われました。
 

具体的には、夫を非難したことを撤回する。

 

分を正当化した事柄を撤回する。
 

Aを誉めたことを撤回する。
そして、家政婦からスタートして、元の夫の慈悲を乞う、です。
 

 

婚の時、私は、元夫を事実以上に誇張して男性として貶める台詞を口にしてしまっています。
今年大学生になる息子からは、「夫として、男性として、あの様な台詞を言われた以上、夫婦としての復縁は、かなり難しい」と言います。
 

自分(息子)が彼女から言われたら、一生許さないだろうと言われました。

 

も、離婚後、元夫は、私を、子供の前では、批判しなかった事も教えて貰いました。
 

逆に、夫が息子と娘に謝罪を繰り返したとの事でした。
娘との関係修復は、10年、20年の長い期間を置かないと、無理だと言われました。
 

 

能な限り、顔を会わないようして、話し掛けない事を助言されました。
息子から聞いた希望的な事柄は、以下の通りです。
 

元夫は、息子と娘に対して、「一般論として女性は、今の社会では、弱い存在なのだから、気の迷いが原因と思い、不幸な運命と思って、実の母親を憎むのだけは、止める様に」と言ってくれているそうです。

 

は、元夫の言うことは、素直に聞くので、元夫が許せば、何とかなるかもしれないそうです。
 

息子は、「元夫のこれからの人生で何が幸せか、それは、元夫にしか判らない事」と言います。
上手くまとめて書けなくて申し訳ありませんが、結局、息子の助言の結論は、以下の通りでした。
 

 

の仕事(炊事、洗濯など)を元夫と娘が取り合うように分担しているのは、お互いに、相手の負担となるのを止めさせたいと思っているからだそうです。
元夫が一人で炊事洗濯などをこなしたいたとき、仕事の疲労と重なって、倒れかけたそうです。
 

それ以来、子供たちが手伝うと申し出たのに、そんな時間があれば、勉強しろと言われ続けているそうです。

 

れで、いまでは、娘は、元夫に再婚を強く薦めるまでになっているそうです。
 

ですから、土下座してでも、なんでもして、家政婦扱いでいいから、お世話をさせて欲しいと元夫に懇願すれば、家に入れて貰えるかもしれない。
家に入れて貰えたら、何とか、結婚した当時のことなどを元夫に思い出してもらう。
 

 

省と後悔を行動で示し、自分からは、復縁の希望は、口にしない。
上手く投稿を纏められなくて申し訳ありません。
 

今の心境は、以下の通りです。

 

条書きにしてみます。
 

1.元夫に対する不満は、実は、自分が遊びたかっただけでした。
2.一度捨てた、妻の位置と母親の位置が素晴らしい場所だったと気が付いています。
 

 

.Aの正体は、自分の将来に対してさえも無責任な浪費家で、実力の伴わない口だけの人虚言壁のある人だった事を知りました。
4.毎日が孤独です。
 

近所にパートに出ています。

 

Aと一緒にいることだけで、苦痛です。
 

元夫との思い出を思い出して何とか生活しています。
5.離婚の前後で、親と親戚から絶縁され、友人とも孤立してしまい、息子くらいしかまともに相談に乗ってくれません。
 

 

.元夫は、私の心を愛してくれ、大切にしてくれました。
Aは、私の体と収入が第一でした。
 

おそらく、時間が起てば起つほど復縁は、難しくなると思います。

 

んなことでもするつもりです。
 

具体的な良い方法があれば助言して頂きたいと思い、恥を忍んで投稿しました。
よろしくお願い致します。
 

 

婚の時の前後の事情は、私とAが一泊旅行中にAの運転する車が事故を起こし、連絡が最初についた娘が続いて息子が病院に駆けつけ、娘が最初に不倫の旅行中だと気が付きました。
元夫は、出張中で、翌日到着しました。
 

私は、実家の法事だと元夫と子供たちに嘘を言っていました。

 

は異常なまでに興奮して入院し、息子と夫は、それを宥める事を優先して私は、その後ずっと無視されました。
 

退院後、私の両親と元夫の両親と息子も同席した席で、私の方から離婚を申し出、元夫は無言で書類を受け取りました。
不在だった娘の様子を聞いても、「他人に話すことはない」と元夫言われて、興奮した私は、みんなの前で元夫の悪口をかなり下品な表現で、誇張して、あるいは、嘘を言ってしまいました。
 

 

んな訳で、離婚のとき、元夫とは、ほとんど何も話せませんでした。
元夫は、子供のことだけ考えていたのだと思います。
 

そんな、元夫を今では、尊敬しています。

 

が馬鹿だったのです。
 

離婚後も子供たちとは、会いたかったのですが、連絡すら取れず、最近になって、息子の学校で、息子を呼び出して貰って、結果として、泣きながらすがり付いてようやく話をして貰うようになりました。
娘に会わないことを交換条件にされました。
 

 

夫には、離婚後、女性の噂など何もないそうですが、最近になって、娘が親戚に、元夫の再婚相手を探して欲しいと懇願するようになったと聞きました。
同じ話を私の母からも聞いていたので、今回強引に息子に連絡を取ろうとしたのですが、本当の話でした。
 

候補の女性が既にいて、私の母方の親戚筋の未亡人で、私よりも10歳異常も若いまだ30代前半の女性だそうです。

 

の子供も一人いるのだそうですが、娘が乗り気で、母親として、妹として、努力して仲良くさせて貰いたいとまで言っているそうです。
 

おそらく、元夫のことを考えて、自分のことは後回しにしているのだと思います。
逆に、元夫は、断わり続けているそうです。
 

 

現在、本心から、私は、自分の行動を後悔しています。
元夫を尊敬し、結婚した当時の愛情が戻っています。
 

娘と息子は、ずっと変らずに愛していました。

 

倫が公になってしまった時、娘があれほど興奮しなければ、元夫は、私を説得して、復縁したかもしれないと思います。
 

実際には、私は、Aの元に行くしか選択肢がなくなっていたのです。
既に書きましたが、夫への不満は、単に、私が遊びたかっただけでした。
 

 

して、不倫という遊びに興奮して酔っていたのでした。
再び家に入れて貰えるのであれば、家政婦でも耐えられます。
 

夫に土下座して懇願してみようと思います。

 

罪の手紙も書いてみたいと思います。
 

その中で、Aと比べて元夫がどれだけ優れた人かを書いておこうと思います。
それは、事実ですので正直に書こうと思います。
 

 

た、何とか、私の実家に戻らせてもらおうと両親と相談しています。
Aとはまだ籍を入れていませんでした。
 

不幸中の幸いでした。

 

ではあの元夫の夫婦生活が輝いてみえます。
 

あの家に、生活に戻りたいんです本当に土下座でも何でもします。
どうしたら戻れのでしょうか

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す