子持ちの人妻と不倫の逢瀬で生挿入でセックスする秘密の情事

最近付き合っている彼女は2人の子持ちで32歳の人妻。
背は高くないし胸も大きくないが、感度は良好。
 

何より一番なのは、締まること。
俺の中指1本でも締め付けがきゅーっとくるのだから、肉棒を入れると痛いくらいなのである。
 

少し前までは、一応の礼儀としてゴムを付けていたのだが、最近は安全日を選んで連絡してくる。
だからほとんど中出しだ。
 

つい先日も「今日は大丈夫」というので、かなりの量の精液を送り込んできた。
旦那とは2年くらいレスらしい。
 

一度危ない日に、「なあ、中でいっていいか?」と、生でピストンしながら聞いたら、「えっ、いや、ダメよ」と言うので、耳元に熱い息を吹きかけながら再度、「俺の子供を孕んでくれよ」「・・・」母性を刺激されたのか、態度が軟化してくる。
だんだん子宮も降りてきて、子宮口にあたる感触が出てきて、彼女はますます登りつめていったので、さらに強くゆっくりとピストンを繰り返し、「いくぞ」「あっ、あっ、あああっー」でも最後のところで鬼畜にはなれませんでした。
 

お互い困るしね。
彼女も「ごめんね」と。
 

それ以降、安全日の逢瀬を楽しんでいます。
いった時は俺の肉棒を痛いほど絞り上げるんで、こちらも相応の固さがないとダメなんですが。

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す