飲み会で酔った子持ちのパート主婦と浮気したセックスで秘密のセフレ関係

スポーツクラブ内のラウンジでパートをしている30才の主婦とSEXした時の話。
僕はそこでインストラクターをやっていて、休憩の時にいつも利用するので仲がよかった。
 

きっかけは、新スタッフの歓迎会の時で、居酒屋で、『僕、ミワさんタイプです。』と酔った勢いで言ってから。
 

でも、僕がミワさんに気があることはとっくに気づかれていたと思う。
2次会にはいかず、その場を去ろうとした時、『ホント?一緒に帰ろっ!』と誘われた。
 

駅のホームのベンチに座ると手を握られた。
『旦那さんに怒られますよ?』と言うと、『もう私になんか関心ないから平気よ』と握る手を引き、肩にもたれてきた。
 

『酔っ払いすぎですよ・・・』と言うと、『私、酔うと記憶なくなっちゃう。』と意味深な顔で笑いかけてきた。
 

『え?』と、どういうことかな・・と考えていると、『私もけん君のこと気になってるよ。』とミワさんが言った。
 

電車でひとつ先の駅で降り、僕の部屋にミワさんがきた。
部屋につくと、『時間あんまないかも・・・』と僕の口の中にベロを入れて、物凄いキスをした後、言った。
 

『いいんですか?』と訳のわからないことを言うと、ニコっと笑って、『フェラしてあげる』とベルトに手をかけた。
子供もいて7歳も上だから身体に自信がないらしく、ミワさんのオマンコも胸も見れなかった。
 

というのは、パンツだけ脱いで、服を着たまま『・・・入れて』と言われたから。
ぐっちゅり濡れてて、ズボっと入った。
 

入れた瞬間、ミワさんはもの凄い声をあげた。
『あーーーすごぉーい。いいー。』その声に僕のちんこは更に硬くなった。
 

奥まで入れるのが好きらしく、深く入ると声が高くなった。
小刻みに速くすると泣く様に喘いだ。
 

『あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、いくぅーー』のミワさんの声で、さらに激しくマシンガンバリに腰を振った。
ミワさんの中はもちろん、服の上に出すわけもいかず、『ああ、イキそう・・どうしよ?』というと、『イクの?いいよ。ちょうだい』と頭をあげて僕を見た。
 

ぎりぎりまで腰を振り、限界とばかりに腰引くと、ミワさんは、僕のちんこを咥え、手でしごいた。
手の動きも頭の動きも早く、最後の最後まで吸い取られた。
 

イッた後も、しばらく舐めてくれた。
この日はこの1回だけだったけど、その後半年間、セフレとしてつきあって、オナニーを見せてもらったり、クラブ内のトイレで口と手でしてもらったりした。

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す