団地妻をレイプして四つん這いの後背位生挿入で膣内ザーメン中出しで犯す!

団地妻をレイプして回っている。
強姦するには人妻は好都合である。
 

団地のコミュニティは、仲が良く見えて、実はそうでもない。
団地妻は、犯されたなんて知られたら、暮らしていけないと考える。
 

だから犯されても誰にも言わない。
警察にだってだ。
 

世間にばれたら、好奇の目で見られてしまうからだ。
だから、レイプしてもバレやしない。
 

フリーパスってやつだ。
昨日も犯ってやった。
 

業者を装って、呼び鈴を押す。
「はい」素直に出てくる無防備さ。
 

犯してくれと言わんばかりだ。
「点検です」一言だけ言って上がり込む。
 

家族がいないことを素早く確認する。
たいてい一人きりだな。
 

団地妻が油断した時、一気に行く。
ガムテで口を塞ぎ、縛りあげる。
 

間を置かずに裸に剥く。
団地妻に余計な考えを起こさせないためだ。
 

今度の獲物は尻の形が良くてイヤラシイ。
まんまるの桃みたいだ。
 

つやつや、すべすべで、最高のお尻じゃないか!四つん這いにして後ろから弄ってやった。
人妻ってやつは、すぐに濡れるから、レイプしやすい。
 

尻をふってイヤイヤをするが、それで余計興奮。
まるで誘っているかのようだ。
 

パンティの上まで湿らせるスケベな団地妻。
直接触ると、もう十分で、早くチンコを下さいと懇願している様だった。
 

早速ぶち込む。
団地妻の生マンは最高。
 

とろけたアワビが、熱くなって絡みつく。
泣き喚いていたが、お構いなし。
 

いつものことだ。
下のお口は、泡立った白い涙を流していた。
 

エロすぎる光景。
ケツの穴から脳天にかけて、電流が走る。
 

マグマみたいに熱い精液が中へドクドク放出される。
それが、ゆっくりと溢れ出てきた。
 

最後は無理矢理口で掃除させた。
脅し文句も忘れない。
 

「このことがばれたら、生きていけなくなるぜ」そして退却。
それにしても、いつもよりも、濡れる人妻だったまったく、団地妻はスケベで困ったもんだ。
 

きっと旦那に相手にされていないのだろうな。
そう考えれば、俺も人助けしているのかもしれない。

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す