子持ちの義妹に夜這いしておまんこにザーメン中出し射精のレイプSEX体験

先日、義妹(31歳)の家の鍵を偶然にも手に入れることができました。
義妹の主人が出張だということを妻から聞き、私は、その夜、飲みに行くといって義妹の家に行くことにしました。
 

鍵で玄関を開け、中からもう一度戸締りします。
本当に出張かどうか心配で、風呂場に直行しました。
 

洗濯物をチェックし、男物がないことを確認しました。
そっと二階に行くと、義妹と子供たちが寝ていました。
 

義妹はタオル地の薄い布団で寝ていました。
それをどけてみると、義妹はパジャマを着ていました。
 

起きるかどうか心配でしたが、一気にパジャマのズボンをおろしてみました。
起きることなく、寝ていましたので、そこから悪戯を開始しました。
 

義妹の大事なところをいじったり、舐めたりしました。
起きる気配はありませんでした。
 

私の息子はもうギンギンで我慢できなくなりました。
私は服を脱ぎ、チンコを唾液で濡らしました。
 

義妹の足を少し立て、義妹の股間にゆっくりとチンコを押し付けていきました。
まだ濡れていない義妹の股間に、チンコを一気に貫きました。
 

この瞬間、義妹が目を覚まし、声を上げました。
布団で顔ごと押さえて、がむしゃらに腰を動かしました。
 

そして義妹のおまんこの中にたっぷりと出したのです。
義妹は震えて泣いていました。
 

私はチンコを引き抜き、義妹の口にもっていき、きれいにさせました。
泣きながら、チンコをしゃぶっていました。
 

後は、もう自分でもわからなくなるほどヤリました。
妻となら一回だけで終わります。
 

でも、このときは本当に、まだこんなにできるのか思うほどやりました。
義妹は放心状態になっていました。
 

義妹の携帯でその姿を写真にとり、私の携帯にメールしました。
義妹の足を大きくひろげさせ、私の精液が流れ出てくるところを見ました。
 

その精液を義妹の口に入れたりしました。
いっぱい悪戯して、それから帰ることにしました。
 

まあ、義妹は大人しい性格なので、きっと誰にも言うことができないでしょう。

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す