バイト先の巨乳な年上人妻のおっぱいフェチでセックス三昧の肉体関係

19歳の時に、アルバイトでガソリンスタンドへ行ってました。
結構時給良かったし、夜はさらに良かった。
 

そこでパートで働いてた恵美さんという当時33歳の人妻さんが優しくて同じシフトの時は楽しかった。
茶髪で少し肉付きが良く、最初はわからなかったけど、私服の時に胸が大きいのが判ると気になり、時々屈んだ時に見えた谷間はたまらない。
 

彼女は昼が専門だからかち合うのは少なかったけど、そんな時は話しをしてました。
親しくなると、メールも出来るようになり、向こうから「明日休みだよね~食事しない?」と誘って来て、一緒に食事しました。
 

レストランで食事して彼女の車でドライブしていたら「旦那以外の男の人と食事したの久しぶり」と笑い「ごめんね、おばちゃん相手で」と言う恵美さんに「恵美さんみたいな美人とドライブなんて夢みたい」と言うと笑ってた。
午後に会って4時過ぎたので子供の迎えに行くと思いきや、「ねぇ…飲まない?」と言われて聞いたら、旦那は出張で子供は実家にいるとか。
 

俺のアパートで飲む事になり、飲むと色っぽくて、胸元から谷間が見えるし、ブラが肩から見えるしで生唾。
「ねぇ…おっぱい好きでしょ~」と言われて困ると「チラチラいつも見るから」とバレてた。
 

そしたら「いいよ、触って」と手を胸に当てて柔らかい感触にたまらなくなってたら「私も…」と太ももから股関を触られ「硬くなってる~」と笑う恵美さんとヤってしまいました。
ベッドに押し倒して裸にしボリュームがある胸に夢中で吸い付き舐めまわすと凄い喘ぎで、「もう入れて」と自らパンティ脱いで来て、挿入すると「アアッ!硬い」と声を上げて、動かすたびに悲鳴のような声を上げて凄い反応でびっくりしました。
 

中はぬるっと滑りどんどん湿り気が増えて気持ちいいし、正直生は初めてでした。
長持ちはしないとわかったけど、できる限り我慢して限界になり動きを止め、おっぱいに顔をうずめて堪えてごまかしてたら「ウフッ…我慢してるんでしょ?」と言われ頷くと「いいよ、我慢なんか!」と抱きつかれ、激しく腰を動かして限界になるとぎゅっと抱きつかれ、恵美さんの中で果てました。
 

快感と罪悪感と良くわからない感じで抱き合ってたら「可愛い、一生懸命だし」とキスされた。
その晩泊まりでエッチを繰り返し、三年間。
 

時間がなければ彼女の車でしたり、連休中は泊まったりして繰り返し、パイズリやフェラも味わえた。

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す