70歳の義父さんを本気で好きになっちゃった私はついに義父さんと関係を・・・

70歳の義父さんを本気で好きになっちゃった私はついに義父さんと関係を・・・【イメージ画像2】

 

の度、義父ちゃんは、「チィちゃん(私のことです)ゴメンな。俺たちの育て方が間違ってたよ」と、私に謝ります。
 

家では、旦那は酒を飲んで子供と寝ています。

 

になると雪が積もり、朝の雪かきが日課となります。
 

夜明けからの作業ですが、旦那は起きてきた事がありません。
私と義父ちゃんの仕事になっています。
 

 

の支度は義母ちゃんがやってくれるのですが、私もパートがあり、子供のこともあるので大変なんですが、旦那は手伝おうもしません。
2人目を産んだあたりからセックスレスですが、私から拒んでいると言った方が正解かもしれません。
 

毎日疲れてそれどころではないんです。

 

那はそれをいいことに浮気をしていました。
 

そんなことがあると必ず義父ちゃんは、「チィちゃん、ゴメンな!」と謝ってきます。
アタシ「義父ちゃん、アタシが悪いんだ、寝てしまって・・・その・・・」
義父「あ、いやっ!チィちゃんにそこまで言わせる気じゃなかったよ。ホント、ゴメンだ」そう言って、義父ちゃんはその場から居なくなりました。
 

 

の朝、昨夜から雪はしんしんと降り続き、また雪が積もりました。
旦那は起きるはずもなく、私と義父ちゃんで雪片付けしました。
 

その日、私はパートが休みで少し余裕がありました。

 

供たちと旦那を見送り、義母ちゃんは医者に行って友達と会ってくるとかで帰りは夕方だそうです。
 

義父ちゃんは、朝早かったので朝食後に寝てしまいました。
私は汗を流そうとお風呂に入っていました。
 

 

の時ガラッと扉が開き、振り返ると義父ちゃんが立っていました。
「あーっゴメン!!」と出て行く義父ちゃん。
 

私は何を思ったか、義父ちゃんを呼び止めました。

 

タシ「義父ちゃん!いいから!背中流してあげるから一緒に入ろ」
義父「チィちゃん何言ってんだ!ダメだよ!息子に怒られる!」
アタシ「大丈夫だよ!はやく、はやく!!寒いから、扉閉めて!!」義父ちゃんは扉を閉めて入ってきました。
 

義父「恥ずかしいなぁ」
アタシ「何言ってんの!もう10年も一緒に住んでんのよ!それにアタシ、義父ちゃんに何回か見られてるし!」
義父「たまたまだよー」2人で久々に大笑いした。
ふと義父ちゃんの下半身に目をやると、義父ちゃんのそれは立派な男になっていました。
 

 

0歳には見えません。
私の乳首は勃起して、あそこはジュンとなりました。
 

久しぶりに女を感じています。

 

タシ「義父ちゃん!」私は義父ちゃんにキスしました。
 

義父ちゃんはすぐに唇を離し・・・。
義父「チィちゃん!だめだ、それはだめだ!」
アタシ「アタシ、義父ちゃんが好き!大好き!!アタシを女として抱いてください!」私は義父ちゃんに抱きつき、またキスしました。
 

 

から舌を絡ませ、激しく腫れるくらい唇を貪りました。
義父「チィちゃん、ホントにいいのか?地獄行きだぞ!俺は覚悟してたんだ!!チィちゃんとこうなるのが!あんなやつ、殺してやりたかった・・・!」そう言う義父と見つめ合い・・・。
 

義父「チィちゃん!!」
アタシ「義父ちゃん!!アタシも覚悟できてる!義父ちゃんと一緒にどこでも行く!!」抱き締め合い、また唇を貪りあった。

 

父ちゃんは私のFカップのオッパイを揉みしだき・・・。
 

義父「チィちゃん!チィちゃん!サイコーだぁ!」
アタシ「あぁぁ・・・!義父ちゃん!おっぱい久しぶりぃ、もっと揉んで、乳首吸ってぇぇ!」2年ぶりの快感に私は酔いしれていました。
これから義父ちゃんに何をされるのかと、期待で私のおまんこは濡れそぼっていました。
 

 

船で抱き合い、触りっこしあい、裸のまま寝室へ行きました。
真冬だというのに体は熱くて熱くて、義父ちゃんと布団へ倒れこみました。
 

アタシ「義父ちゃん!?大丈夫!?」義父ちゃんは、「チィちゃん!」と、また私のオッパイにむしゃぶりついきます。

 

タシ「義父ちゃん、いくらでもねぶっていいからね!」義父ちゃんの手は私のおまんこへ這っていきます。
 

クリトリスを剥き出しにされると、指の腹で愛撫され、摘まれ、おまんこから愛液が止め処なく溢れてきます。
ザラザラの舌で乳首を舐められ、甘噛みされると体が飛んでいきそうになります。
 

 

タシ「義父ちゃん!乳首とクリちゃん弱いよぉ~~一緒にされると・・・アウゥゥゥッッ~~ひ、ひ、久しぶりだから・・・もう、もう、もう・・・イクッ~~ぃ・ぃ・イッちゃゃっう~~」義父ちゃんは私のおまんこを愛してきました。
農家で培われた太い指の節くれが、私の女自身の一番敏感な場所を探り当て抜き差しで刺激してきます。
 

アタシ「そこそこそこ、またまたまた、出る出るでる、へんな液がアタシの中から、で・で・で・・・出ッ~~イックゥゥ~~」私は初めて潮吹きを体験しました。

 

ーツはぐしよぐしよになってしまいました。
 

アタシ「義父ちゃんばっかりズルい!今度はアタシ!」私の義父ちゃんにキスをして顔中舐め、乳首へ乳首にヨダレをたらし、ベロベロ舐め回しました。
噛むと、女みたいな声を上げます。
 

 

中にキスしながら、おチンポを手に取りたくましい義父ちゃんのおチンポに頬ずり。
たまたまをモミモミしながら、キスしてしゃぶります。
 

ジュルジュル、ジュボジュボ。

 

父ちゃんはすっごい、気持ちよさそうな顔で言いました。
 

義父「チィちゃん!すごいよ!気持ちいいよ!」旦那と結婚する前、実はちょっと不倫していたんですが、その人に教え込まれたんです。
家族には内緒だけど・・・。
 

 

タシ「義父ちゃん、アタシ我慢できない!入れて!義父ちゃんのおっきなおチンポ!アタシのおまんこに入れて下さい!」
義父「チィちゃん!チィちゃん!おれは幸せだぁ!」
アタシ「義父ちゃんと一緒なら地獄でもどこでもついてくゥゥ~、ィフフィ~~入った!!義父ちゃんのおチンポ入ってるぅぅ、熱い、義父ちゃんのおチンポ!あっついィィ~~おまんこ、溶けそう!アッアッアッッ・・・ィィィイイ~」私は絶叫するように、喘いでいました。
義父ちゃんのおチンポのカリの部分が私の1番感じる所を刺激して私は真っ白になりそうです。
 

義父「チィちゃん!ここかい?ここ気持ちいいんかい?」
アタシ「義父ちゃん、そこそこ!当たる当たる!キモチイイよォォ~どうかなりそうォォ~!アタシ!飛んでそうォ~・・・ダメダメダメだあ~~メェェェ~~イックウゥゥゥ~~」また、イッてしまいました。

 

父ちゃんはふらふらの私を四つん這いにして、バックから挿入してきました。
 

髪を振り乱し、悶えまくりました。
アタシ「義父ちゃん!アタシが上になる!」体位を入れ替え、私が上になりましたが、もう勝手に腰が動きます。
 

 

タシ「義父ちゃんのおチンポ、子宮に当たってるゥゥ~イイのイイの!スっごくイイィィィィ!」オッパイをブルンブルンさせ、叫びました。
義父ちゃんの吐息と私の叫びのような喘ぎ声が家中に響き渡ります。
 

義父「チィちゃん!おれ、イキそうだ!イッてもいいかい?」
アタシ「イイよォォ~!アタシの中にいっぱい出してぇぇ~義父ちゃん。の子種、ちょうだい!いっぱいちょうだいィィ~~孕ませてェ」
義父「そんなことしたら、本当に地獄行きだぞ!」
アタシ「イイよイイよ!義父ちゃんとだったら地獄の果てまで一緒だよ!だから、だからちょうだいィィ!孕ませてェェ~~」
義父「ウオーーチィちゃん!イクッイクッ!」
アタシ「アタシもイッちゃゃっう~~、イックゥゥゥゥ~~」一緒に果てました。
 

 

の中で義父ちゃんはドクドクしています。
繋がったまま、抱き合い、眠ったようです。
 

それから、義母ちゃんや旦那の目を盗んで義父ちゃんとセックスしました。

 

い物について来てもらってラブホテルで愛し合ったこともあります。
 

雪片付けが終わって寒さで震えていると、必ず肌で暖め合います。
義父ちゃんにも開発された私の体は、もう義父ちゃんなしでは生きていけません。
 

 

して、とうとう妊娠しました。
妊娠がわかった日、飲んできた旦那と愛のないセックスをして、中出ししてなんとか繕いました。
 

血液型は旦那と一緒なんで、バレることはないと思います。

 

んなことして、本当に地獄行きです。
 

 


■(お宝) 矢田亜希子マッサージ乳首立Tシャツの裾が■

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す